おまとめローンにもデメリットがある!リスク回避のために知っておきたいこと

おまとめローンにもデメリットがある!リスク回避のために知っておきたいこと 未分類

銀行や消費者金融から複数ローン契約している人にとって、おまとめローンは気になる金融商品の一つですよね。

ローンを一本化することで返済の負担が減らせるのなら、おまとめローンを利用してみたいと思っている人は多いはず。

実際に利用を検討する前に、頭に入れておきたいのがおまとめローンのメリット・デメリットについてです。

今より金利が低くなる、毎月の返済額を減らせるなど、メリットの部分だけで利用するか判断するのは危険!

しっかりとデメリットを理解することは、リスク回避のためにも大切なことです。

そこで今回は、おまとめローンのデメリットについて詳しくご紹介します。

おまとめローンが気になっている人は、メリットと照らし合わせながら利用を検討してみましょう。

おまとめローンにはこんなデメリットがある!

では早速、おまとめローンのデメリットを見ていきましょう。

通常のローンより借入審査が厳しい

おまとめローンを利用するためには、通常のローンと同じように審査が必要になります。

すでに複数ローン契約をしている人にとって、再びローンの審査をしなければならないのは面倒に感じるかもしれません。

審査が必要になることも、おまとめローンのデメリットではありますが、それ以上にデメリットと言えるのが通常のローンより借入審査が厳しいことです。

通常のローン審査が通った人でも、おまとめローンの審査には通らない可能性があります。

複数ローンをまとめると借入額が高額になるので、審査が厳しくなるのは当然と言えるでしょう。

追加融資を頼むのが難しい

複数ローンをまとめたい人の中には、おまとめローン利用の際に追加融資も頼みたいと考えている人もいるでしょう。

必要な資金も一緒に借入しつつ、おまとめローンで返済負担を減らせるのは理想的なことです。

ですが、おまとめローンというのは、複数ローンの一本化を目的とした金融商品です。

通常の借入のように、追加融資を頼むのが難しいのも、おまとめローンのデメリットと言えます。

追加融資と複数ローンの一本化、どちらを優先すべきか、利用する前に考えましょう。

返済総額が増えることがある

返済負担を減らす目的で利用するおまとめローンですが、結果的に返済総額が減らせるとは限りません。

条件によって返済総額が増えることがあるのも、おまとめローンのデメリットと言えるでしょう。

毎月の返済額が減って、表面的には返済負担が減ったとしても、その分返済期間が延びて返済総額が増えてしまうケースは多いです。

「毎月の返済額を減らせるだけでいい」という人なら問題ありませんが、返済期間や返済総額を増やしたくない人は要注意!

おまとめローンを利用する際には、毎月の返済額だけでなく、返済期間や返済総額もシミュレーションしておくことが大切です。

完済したローン会社から再び借入できてしまう可能性がある

複数ローンを一本化するということは、おまとめローンを利用する銀行や消費者金融以外の借入はすべて完済するということです。

本来ならば完済した銀行や消費者金融を再び利用することはないでしょうが、一つだけ注意しなければならないことがあります。

それは、完済したローン会社から再び借入できてしまう可能性があることです。

銀行や消費者金融から「ローンをしっかり完済した人」だと認識され、審査が通りやすくなるケースが考えられます。

完済したローン会社から金融商品の案内が届き、借りるつもりはなかったのに再び借入してしまう人がいるのも事実!

これでは、おまとめローンを利用した意味がなくなってしまいますよね。

おまとめローン利用後は、新規借入の誘惑に注意しましょう。

おまとめローンの嬉しいメリットとは?

続いては、おまとめローンのメリットを見ていきましょう。

毎月の返済負担を減らせる

おまとめローンのメリットといえば、毎月の返済負担を減らせることでしょう。

複数ローンの借入により、月々の返済が負担になっている人は多いですよね。

今現在の返済を負担に感じている人は、ゆくゆくは返済が困難になることも否定できません。

おまとめローンを利用することで、毎月の返済額を減らせるのは嬉しいメリットと言えます。

毎月の返済にゆとりができることで、繰り上げ返済する余裕が生まれるなど、予定より早く完済に近づけるかもしれません。

今よりも返済を楽にしたい人は、おまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

毎月の返済管理がしやすくなる

複数のローン会社から借入があると、返済管理するのも楽ではありません。

毎月の返済日や返済額もローン会社によってバラバラなので、正直面倒に感じることも多いはず。

おまとめローンのメリットは、複数ローンを一本化することで返済管理がしやすくなることです。

毎月の返済が楽になるのはもちろん、借入残高や残りの返済期間も把握しやすくなります。

ローンの返済計画をしっかり立てたい人にとって、おまとめローンの利用はメリットが大きいですよ。

今よりも低金利で借入できる

今よりも低金利で借入できるのも、おまとめローンの嬉しいメリットと言えるでしょう。

一般的に借入限度額が大きくなるほど金利が下がる傾向にあるので、複数ローンの借入をまとめることで金利が低くなります。

また、銀行系のおまとめローンは金利が低く設定されているのが特徴の一つです。

消費者金融から借入がある人は、銀行系おまとめローンの利用で、今より低金利で借入できる可能性が高いです。

金利が低くなることで、返済総額や毎月の返済額が減るのは嬉しい限りですよね。

ただし、利用するおまとめローンや現在の借入状況によっては、今より金利が下がらない可能性もあります。

おまとめローンを利用する際には、金利がどのように変わるか事前にシミュレーションしてみましょう。

おまとめローンの利用でリスク回避するには

最後に、おまとめローンの利用でリスク回避する方法を見ていきましょう。

今現在の借入状況をしっかり把握しておく

複数のローンがあるからといって、安易におまとめローンを利用するのはリスクが高いです。

おまとめローンを検討する前に、今現在の借入状況はしっかり把握しておきましょう。

それぞれのローン会社から、どれくらいの金利で借入総額はいくらなのか、毎月の返済額や残りの返済期間などもノートに書いてまとめてみましょう。

本当におまとめローンの利用が必要か、利用する価値があるか判断するためには大切なことです。

複数のローン会社からすでに低金利で借入している場合などは、おまとめローンを利用しても今より金利が下がらない可能性もあります。

メリットばかりに目を向けず、デメリットも踏まえて利用を検討しましょう。

申し込みの前にシミュレーションする

おまとめローンを利用しても、期待していたほど金利が下がらなかったというケースはよくあることです。

借入状況によっては、返済期間や返済総額が今よりも増えてしまう可能性もあります。

こういったリスクを回避するためにも、申し込み前にしっかりシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンの利用で本当に金利が下がるのか、事前に調べてみましょう。

毎月の返済額だけに注目してしまうと、今よりも返済総額が増えたり、返済期間が延びてしまうこともあるので要注意!

シミュレーションする際には、内容も細かくチェックすることが大切ですよ。

おまとめローンを比較する

おまとめローンといっても、銀行から借入する銀行系や、消費者金融から借入する消費者金融系などさまざまです。

ローン会社によって金利や借入限度額なども異なるので、事前におまとめローンを比較してみましょう。

「おまとめローン」と名のつくものなら、どれも同じだと思ったら大間違いです。

利用したいと思っても、利用条件に当てはまらず、審査対象にすらならないこともあるので気をつけましょう。

とくに銀行系おまとめローンは、借入条件があるところが多いので申し込み前によく見ておきましょう。

本来の目的を忘れず新たな借入をしない

おまとめローンを利用する目的は、返済負担を減らすことや、できるだけ早くローンを完済したい気持ちからですよね。

しかし、おまとめローンで返済が楽になったことで、新たな借入を増やしてしまうリスクがあるのも事実です。

返済負担を減らすどころか、多重債務者として後戻りできない状況になってしまっては意味がありません。

おまとめローンを利用するなら、本来の目的を忘れず新たな借入をしないことも大切です。

意志が弱い自覚がある人は、本当におまとめローンを利用するべきかよく考えましょう。

まとめ

おまとめローンには嬉しいメリットもありますが、デメリットもあることを忘れてはいけません。

安易な気持ちで利用するのはリスクも大きいので、事前にしっかりメリット・デメリットを理解してから申し込みすることが大切ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました