おまとめローンの審査に通りやすい銀行の特徴は?銀行系おまとめローンについて解説!

おまとめローンの審査に通りやすい銀行の特徴は?銀行系おまとめローンについて解説! 未分類

おまとめローンの利用には、借入審査に通ることが必要不可欠になります。

とくに審査が厳しいと言われている銀行系おまとめローンでは、審査に通るか不安な人も多いですよね。

そこで今回は、おまとめローンの審査に通りやすい銀行について、詳しく解説したいと思います。

銀行系おまとめローンの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンの審査に通りやすい銀行はある?

おまとめローンの審査に通りやすい銀行は、そもそも存在するのでしょうか?

通常ローンと比べて審査が厳しいおまとめローンですが、とくに銀行系は消費者金融系よりも審査が厳しいと言われています。

そのため、審査に通るかが不安で、銀行系おまとめローンの申し込みを躊躇してしまう人も少なくないでしょう。

申し込みするのであれば、できるだけ審査の通りやすい銀行を利用したいところですよね。

銀行系おまとめローンの審査が厳しいとはいえ、銀行によって審査基準が異なるのも事実です。

そのため、比較的審査が通りやすい銀行もあるので、銀行系だからといって申し込みを諦める必要はありません。

おまとめローンの審査に通りやすいのはどのような銀行か、事前によく調べてから申し込みしましょう。

審査に通りやすい銀行系おまとめローンとは

では早速、審査に通りやすい銀行系おまとめローンを見ていきましょう。

メインバンクとして利用している銀行

銀行系おまとめローンを利用するつもりなら、日頃からメインバンクとして利用している銀行を選ぶようにしましょう。

たとえば、定期預金を利用している銀行や、給料の受け取り口座として指定している銀行などです。

メインバンクとして付き合いのある銀行の場合、おまとめローンを利用する際の信用に影響する場合があります。

また、おまとめローンの申し込み条件として、預金口座があることを条件とする銀行も多いです。

どこの銀行でおまとめローンを利用するか悩んだときは、できるだけメインバンクから検討するようにしましょう。

現在ローンの借入をしている銀行

今現在ローンの借入をしている銀行も、おまとめローンの審査に通りやすい銀行の一つです。

通常ローンの審査に通った実績があるので、延滞履歴などがない限り信用があります。

長い年月返済を続けていたり、借入枠にゆとりがあり追加融資の可能性がある場合などは、おまとめローンの審査にも通る可能性が高いです。

まずは、借入している銀行がおまとめローンを扱っているか確認し、扱いがあるようなら、おまとめローンを利用できるか相談してみましょう。

ただし、借入金利などおまとめローンの条件に納得できない場合は、無理に今の借入先を利用する必要はありません。

おまとめローンの相談をする前に、条件の確認はしっかりしておくことです。

過去にローンの借入をし完済している銀行

過去にローンの借入をし完済している銀行も、おまとめローンの審査に通りやすい銀行と言えるでしょう。

ローンを全額返済したという履歴は、銀行にとって大きな信用になるのは言うまでもありません。

「この人はしっかり返済してくれるから、またお金を貸しても安心」そう思わせることが大切なのです。

とくに高額の借入を完済した履歴がある場合は、借入が高額になるおまとめローンでは有利になります。

信用のある銀行は、できるだけ積極的に利用したいところです。

大手銀行よりも地方銀行

おまとめローンを取り扱う銀行は、大手銀行ばかりではありません。

審査に通りやすい銀行として穴場とも言えるのが、実は地方銀行の存在なんです。

大手はおまとめローンの審査も厳しい傾向が強いですが、地方銀行は比較的審査がゆるい傾向があります。

とはいえ、地方銀行といっても、地方ならどこでもいいというのは大きな間違いです。

できるだけ自分が住む地域の銀行を選び、自分名義で預金口座を所有している銀行にしましょう。

メインバンクとして利用していれば、さらに審査に通る可能性が高くなりますよ。

おまとめローンの条件としては、大手に劣る部分もあるかもしれませんが、審査の通りやすさを重視するなら地方銀行がおすすめです。

銀行系おまとめローンを利用するメリットはある?

続いては、銀行系おまとめローンを利用するメリットを見ていきましょう。

低金利で借入できる

審査が厳しい銀行系おまとめローンですが、それでも申し込み者が多いのは低金利で借入できるからです。

消費者金融系と比べても金利が低いのが特徴で、複数ローンをまとめて高額の借入をする人にとっては有難い条件と言えます。

返済負担を減らす目的のおまとめローンですが、金利によっては返済総額が増えたり、返済期間が延びたりすることも。

そういったリスクを減らす意味でも、低金利で借入できる銀行系おまとめローンはメリットが大きいです。

とくに複数ローンを消費者金融から借入している人は、銀行系おまとめローンを利用するだけで返済負担をかなり減らせる可能性が高いです。

借入後に追加融資が可能

おまとめローンの利用を考えている人の中には、追加融資を検討している人もいるでしょう。

実は、複数ローンをまとめた流れで追加融資を頼めるのも、銀行系おまとめローンのメリットなんです。

おまとめローンは複数ローンの一本化が目的の金融商品なので、本来は融資が目的ではありません。

そのため、消費者金融系おまとめローンなどは、複数ローンの一本化と同時に追加融資は頼めません。

つまり追加融資を頼みたい場合は、必然的に銀行系おまとめローンを利用しなければならないということですね。

複数ローンの一本化だけでなく、追加融資も頼みたい人にとって、銀行系おまとめローンの利用はメリットが大きいことがわかります。

銀行系おまとめローンを利用するデメリットはある?

次に、銀行系おまとめローンを利用するデメリットを見ていきましょう。

消費者金融系に比べると審査が厳しい

銀行系おまとめローンを利用するデメリットは、やはり消費者金融系に比べて審査が厳しいことでしょう。

低金利が魅力とはいえ、審査に通らなければ利用することさえできません。

自分の信用情報や返済能力に自信がある人はいいですが、それ以外の人にとって銀行系おまとめローンは敷居が高く感じるはず。

とはいえ、おまとめローンを利用するなら、できるだけ返済負担を減らせる銀行系を利用したいですよね。

銀行系おまとめローンの審査難易度を下げるには、おまとめローンの審査に通りやすい銀行を知ることが大切です。

融資までに時間がかかる

銀行系おまとめローンの特徴であり、デメリットとも言えるのが融資までに時間がかかることです。

融資に関しては早ければ早いほどいいと考える人が多く、状況によっては融資が遅いのは困りますよね。

とはいえ、銀行系おまとめローンは審査の段階から慎重なので、時間がかかるのは当然。

審査や融資にスピード感を求めるなら、即日融資が可能なところも多い消費者金融系おまとめローンがおすすめです。

銀行系おまとめローンに申し込む際は、融資までに時間がかかることを納得の上で、ゆとりを持って申し込みすることが大切ですよ。

銀行系おまとめローンの審査に通りやすい人とは?

銀行系おまとめローンの審査に通りやすい人とは、どのような人なのでしょうか?

返済能力が高い人

銀行系おまとめローンの審査に通りやすいのは、第一に返済能力が高い人です。

複数ローンを一本化するので、融資も高額になりやすいのがおまとめローンの特徴と言えます。

月々の返済額から考えても、毎月しっかり返済できるかは重要なポイントになるでしょう。

収入はもちろん、勤務年数の長さや、返済能力に影響がある部分は審査でもよく見られています。

転職したばかりなど、返済能力として不安要素がある人は、銀行系おまとめローンの申し込みは検討が必要かもしれません。

審査に通るか不安な人は、自分自身で返済能力があるか客観的に見極めることも大切ですよ。

他者からの借入総額が少ない人

複数ローンの一本化が目的のおまとめローンですが、他社からの借入総額は審査に大きく影響が出ます。

銀行系おまとめローンは総量規制の対象外のため、他社からの借入総額が高額の場合も利用することは可能です。

ですが、実際に審査に通りやすいのは、他社からの借入総額が少ない人なんですね。

銀行が他社からの借入総額をまとめて貸すことになるわけですから、高額になるほど審査が厳しくなるのは当然のこと。

銀行系おまとめローンの審査に通りやすくするには、今現在の借入総額を少し減らしてから申し込みするのも一つの手ですよ。

まとめ

おまとめローンの審査に通りやすい銀行はあるか解説しましたが、いかがでしたか?

銀行系おまとめローンを利用したい人は、できるだけ審査に通る可能性が高い銀行に申し込みしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました