おまとめローンの審査はゆるい?審査に通りやすくなるポイントを解説

おまとめローンの審査はゆるい?審査に通りやすくなるポイントを解説 未分類

おまとめローンの審査ってゆるいの?申し込みを検討している人が最も気になるのが、おまとめローンの審査内容についてですよね。そこで今回は、おまとめローンの審査難易度や、審査に通りやすくなるポイントを紹介!おまとめローンを利用したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンの審査はゆるい?

おまとめローンというのは、すでに契約している複数ローンを一つにまとめるための金融商品です。

すでに複数ローンを契約できている状況で申し込みするため、おまとめローンの審査にはゆるい印象を抱くかもしれません。

ですが実際、おまとめローンは通常のローンより審査が厳しくなるのが事実です。

通常ローンを複数契約できているからといって、同じようにおまとめローンの審査が通るわけではありません。

複数ローンを一つにまとめるということは、それだけ借入総額も大きくなるということです。

むしろ複数ローンがあることで、審査難易度が高くなるのは当然!

「審査がゆるいだろう」と安易な気持ちで申し込みするのはやめておきましょう。

審査が厳しいのは銀行系おまとめローン

おまとめローンの審査自体が、通常のローンより厳しめであることは理解できたでしょう。

とはいえ、おまとめローンの審査難易度は、銀行系と消費者金融系どちらのおまとめローンを利用するかでも変わってきます。

おまとめローンの中で、とくに審査が厳しいと言われているのが、銀行系のおまとめローンです。

大手の銀行や地方銀行で利用できる金融商品で、消費者金融系に比べて金利が低いのが大きな特徴と言えるでしょう。

借入限度額も高額に設定している銀行が多いので、通常ローンの借入額が大きい人に利用しやすいおまとめローンです。

魅力的な要素が多い銀行系おまとめローンですが、その分審査も厳しくなることは頭に入れておきましょう。

消費者金融系おまとめローンなら審査がゆるい?

銀行系おまとめローンの審査が厳しいのなら、消費者金融系おまとめローンは審査がゆるいのでしょうか?

たしかに、銀行系おまとめローンに比べると、消費者金融系おまとめローンは審査がゆるいと言えます。

ですが、借入総額が大きくなることには変わりないので、消費者金融系おまとめローンも審査は楽じゃないことを理解しましょう。

借入状況や申し込み者の信用情報によっては、銀行系・消費者金融系どちらのおまとめローンであれ、審査が通らない可能性も充分あります。

おまとめローン自体、審査が厳しい金融商品だと思っておくのが正解です。

おまとめローンの審査に通りやすくなるポイント

おまとめローンの審査に通りやすくなるには、いくつかのポイントがあります。

審査に通るか不安な人は、これから紹介するポイントを頭に入れておきましょう。

付き合いのある銀行を選ぶ

銀行系おまとめローンの申し込みを検討している人は、できるだけ付き合いのある銀行を選ぶようにしてみましょう。

付き合いがあるといっても、高額な融資取引が必要なわけではありません。

給料の振込先口座として利用している銀行や、定期預金や積立口座として利用している銀行などで問題ありません。

日常的にお金の管理をしているメインバンクの場合、銀行からの信用を得られる可能性があります。

おまとめローンの審査段階で、メインバンクとしての利用が有利になるかもしれません。

また、銀行系おまろめローンの場合、銀行預金口座を持っていない人や、銀行の取引履歴がない人はローンに申し込みできないケースもあります。

申し込み条件が厳しい銀行もあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

地方銀行や中小消費者金融を選ぶ

どこのおまとめローンに申し込みするかを考えたとき、真っ先に思い浮かべるのは大手の銀行や消費者金融ですよね。

「大手なら安心できる」「大手だと申し込みのハードルが下がる」といった理由が大半でしょう。

もちろん安心や信頼を重視して申し込みするなら大手を選ぶのもいいでしょうが、審査の通りやすさを重視するなら大手だけにこだわらないことです。

地方銀行や中小消費者金融の方が、大手に比べておまとめローンの審査がゆるい可能性があります。

おまとめローンを申し込みする際は、地方銀行や中小消費者金融にも目を向けてみるとよいでしょう。

審査に自信がない人は銀行系より消費者金融系に申し込む

できるだけ返済負担を減らすためにも、金利が低い銀行系おまとめローンを利用したいと考えている人も多いでしょう。

とはいえ、今現在の借入状況や信用情報に自信がない人は、おまとめローンの審査に通るかも不安な状況です。

おまとめローンの中でも審査が厳しいと言われている銀行系に申し込みするのは、危険な賭けをするようなもの。

審査に通ることを一番に考えたいのなら、銀行系より消費者金融系おまとめローンの申し込みを検討してみましょう。

銀行系にこだわりすぎると、本来の目的である複数ローンの一本化ができない可能性が高いです。

自分にとって現実的なローンの申し込み先を見つけることも、審査に通りやすくなるポイントですよ。

金利の低さだけで選ばない

銀行系おまとめローンをはじめ、金利が低いおまとめローンを扱っているところは審査が厳しいのが特徴です。

そのため、金利の低さを重視しておまとめローンを選ぶと、結果的に審査に通らない可能性も高いということ!

おまとめローンを選ぶときは、金利の低さだけで選ばないことも、審査に通りやすくなるポイントです。

少し金利が高めかな?と思うところでも、申し込みの候補から除外しないでおきましょう。

金利が高めに設定されていても、今より返済負担を減らせる条件が揃っていれば、検討する価値は充分あります。

今現在利用している銀行や消費者金融に相談する

おまとめローンの利用を考えているなら、今現在利用している銀行や消費者金融に相談するのもおすすめです。

まずは金融商品としておまとめローンの取り扱いをしているか調べ、条件として問題がなければ他社のローンと一本化したいことを伝えてみましょう。

付き合いの長い銀行や消費者金融の場合、過去に延滞することなくしっかり返済してれば、銀行や消費者金融側の信用もあります。

おまとめローンの審査にも通りやすい可能性があるので、検討してみてはどうでしょうか。

利用していた銀行や消費者金融なら、安心して申し込みできるのもメリットの一つ!

どこのおまとめローンを利用するか悩んだときは、現在の借入先を一つの候補として考えてみましょう。

どうしても審査に通らないときは?

どうしても審査に通らないときはどうすればいいのか?対策方法を見ていきましょう。

信用情報の回復を待つ

おまとめローンの審査に通らない理由は、信用情報に問題がある可能性が高いです。

どのような問題があるかは人それぞれですが、二か月以上の滞納履歴がある・債務整理した過去がある・返済能力が低いなどが理由でしょう。

おまとめローンを利用する人は通常ローンの審査には通っているので、滞納履歴や返済能力の低さが問題の可能性が高いです。

このような場合、他社にローンの申し込みをしても結果は変わらないので、信用情報の回復を待つのがベストでしょう。

今はこれ以上借入を増やさず、延滞などせずにローンの返済を続けていきましょう。

一度審査に落ちた履歴は6カ月ほど残ってしまうので、再びおまとめローンに申し込みする場合は申し込みのタイミングに要注意!

前回の申し込みから6カ月以上経ってから申し込みするのがポイントです。

今現在の借入を少しでも減らす

今現在の借入総額が大きい人は、おまとめローンの審査に落ちる可能性も当然高くなります。

おまとめローンを利用したいのならば、今現在の借入を少しでも減らすことを考えましょう。

借入総額を減らすことで、今後おまとめローンの審査にも通りやすくなります。

複数ローンの一本化が目的のおまとめローンとはいえ、借入先が多すぎると審査に通りにくいのも事実。

とくに3社以上から借入をしている人は、借入先を1社でも減らせるように努力が必要です。

債務整理を検討する

おまとめローンが利用できないと、今後返済を続けていくのが難しい人もいるでしょう。

このような人は、すでにギリギリの返済状況だということを自覚し、おまとめローン以外の解決策を考える必要があります。

金銭面で頼れる親族等いない場合は、債務整理を検討するのが現実的な解決方法と言えるでしょう。

とはいえ、債務整理となるとすぐには踏み出せない人も多いですよね。

債務整理の知識もなく、いきなり弁護士に頼むのは怖いという気持ちもあるはず。

利用しやすい自治体の無料相談などもあるので、一度相談に行って話を聞いてみましょう。

まとめ

おまとめローンの審査難易度は、ゆるいどころか厳しいと考えておくのが正解です。

申し込みする際には、審査に通りやすくなるポイントをしっかり頭に入れておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました