おまとめローンはどう選ぶ?低金利以外に重要なポイント7選

おまとめローンはどう選ぶ?低金利以外に重要なポイント7選 未分類

おまとめローンを取り扱っている銀行や消費者金融はたくさんあるため、選び方に悩んでしまう人は多いですよね。

単純に低金利のおまとめローンを選ぶだけでなく、その他の重要なポイントもしっかり頭に入れておくことが大切!

そこで今回は、おまとめローンを選ぶ際に、低金利以外で重要なポイントを7つご紹介します。

おまとめローンの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おまとめローンはできるだけ低金利で選ぶ!

おまとめローンを選ぶ際に、最も重要視するポイントはやはり「低金利」であることですよね。

複数ローンをおまとめする理由として、今よりも返済負担を減らしたい人が大半でしょう。

月々の返済額を減らすことや、返済総額を減らす目的の人にとって、おまとめローンが低金利であることは絶対条件とも言えます。

そのため、おまとめローンはできるだけ低金利で選ぶことは、もちろん大切なポイントの一つ!

現在利用しているローンの金利と比較して、今よりも安く借入できるおまとめローンを選ぶようにしましょう。

基本的におまとめローンは低金利で扱っている金融商品ですが、利用する銀行や消費者金融によって金利は異なります。

とはいえ、低金利なことだけを重視してしまうと、その他の面でデメリットが生まれるケースも。

おまとめローンを選ぶ場合、低金利以外のポイントも頭に入れて選ぶようにしましょう。

低金利以外に重要なポイントとは?

では早速、おまとめローンを選ぶとき、低金利以外に重要なポイントを7つ見ていきましょう。

申し込み条件

おまとめローンを選ぶ際、まず確認しておきたいのが申し込み条件です。

複数ローンがあれば誰でも申し込みできるおまとめローンですが、銀行や消費者金融によって申し込み条件が異なります。

そのため、申し込み条件を満たしていない場合、おまとめローンの利用ができません。

とくに銀行系おまとめローンは、細かい申し込み条件がある銀行も多いので、事前にしっかり確認しておきましょう。

また、銀行系おまとめローン以外でも、基本的な申し込み条件として、正社員であることや勤務年数〇年以上などと決められているケースもあります。

おまとめローンは高額な借入になるので、その分申し込み条件も厳しい傾向があるので注意が必要です。

借入上限額の確認

複数ローンの一本化が目的のおまとめローンを利用する場合、総借入額が高額になる人も多いです。

そのため、利用するおまとめローンの借入上限額の確認も、選ぶ際の重要なポイントとなります。

銀行系おまとめローンは借入上限額を高額に設定しているところも多く、総借入額が多い人にとっては利用しやすいでしょう。

反対に消費者金融系おまとめローンは、借入上限額が低めに設定されています。

総借入額が高額の場合、消費者金融系おまとめローンは利用できないケースも。

また、複数ローンを一本化する以外に、追加融資が必要な人も注意が必要です。

追加融資分も含めた総借入額が多くなると、借入上限額が高額なおまとめローンでないと利用が難しくなってしまいます。

おまとめローンを利用する際は、借入上限額を確認して利用できる銀行や消費者金融に申し込みしましょう。

返済負担をどれくらい減らせるか?

おまとめローンの利用は、複数ローンを一本化して返済負担を減らすことが目的ですよね。

今よりも月々の返済額を減らしたい人や、返済期間を減らして早くローンを完済したい人が大半でしょう。

だからこそ、低金利でおまとめローンを利用したいと考えるのは、決して間違ってはいません。

ただし、金利だけでおまとめローンを選んでしまうのは、実は危険なことなんです。

条件によっては、月々の返済額は減らせても、返済総額が減らないケースもあります。

自分にとっての返済負担というのが、毎月の返済額なのか、それとも返済総額なのかよく考えることも大切!

おまとめローンを選ぶ際は、今よりも本当に返済負担が減るのかしっかりシミュレーションしてみるようにしましょう。

返済期間はどれくらいになるのか?

おまとめローンを利用することで、毎月の返済額を少しでも減らしたいと考えている人は多いですよね。

複数ローンの利用で毎月の返済が苦しい人にとって、おまとめローンの利用で毎月の返済額が減らせるのは有難いことです。

とはいえ、おまとめローンを選ぶ際は、毎月の返済額だけでなく、返済期間がどれくらいになるかも重要なポイントになります。

たとえ月々の返済額を減らせても、その分返済期間が長引いてしまうケースも多いです。

「毎月の返済額が減らせればいい」という人は問題ないでしょうが、できるだけ早くローンを完済したい人にとっては、必ずしもおまとめローンが好条件とは言えません。

おまとめローンを選ぶ際は事前にしっかりシミュレーションし、本当におまとめローンを利用する必要があるのかよく考えましょう。

おまとめローン=今より返済が楽になってお得!と、安易な気持ちで飛びつかないことも大切ですよ。

審査の通りやすさ

おまとめローンを利用するには、通常ローンと同じように借入審査を通過する必要があります。

すでに複数ローンと契約している人も、おまとめローンを利用するには新たに審査してもらう必要があるのです。

当然ながら審査に通らなければ、おまとめローンを利用することはできません。

そもそもおまとめローンは、ローンの中でも審査が厳しい金融商品であることも特徴の一つ。

複数ローンを一つにまとめるため、借入額が高額になることや、利用者が返済できなくなった場合、銀行や消費者金融のリスクが大きいことが理由でしょう。

つまり、おまとめローンを利用したい場合、審査の通りやすさを考えて選ぶことも実は大事なポイントです。

できるだけ低金利で借入したい気持ちもわかりますが、低金利なおまとめローンほど審査が厳しい傾向にあるのも事実。

とくに銀行系おまとめローンは、消費者金融系おまとめローンに比べて低金利が魅力ですが、その分審査も厳しくなります。

おまとめローンを選ぶ際は、低金利だけにこだわらず、審査の通りやすさも意識したいですね。

審査や融資にかかる時間

おまとめローンの申し込みをする人の中には、審査や融資にスピード感を求める人も多いですよね。

複数ローンの一本化以外に、追加融資を考えている場合など、できるだけ早く借入したいと考えるもの。

利用する銀行や消費者金融によって、審査や融資にかかる時間は異なります。

そのため、おまとめローンで早く借入したい人は、事前に審査や融資にかかる時間も確認しておきましょう。

銀行系おまとめローンに関しては、審査が慎重な分、審査や融資にも時間がかかる傾向があります。

とはいえ、翌日融資に対応してくれる銀行もあるなど、一概には言えないので、申し込み前によく調べることが大切ですよ。

おまとめローンで即日融資が希望の人は、即日融資対応の大手消費者金融がおすすめです。

追加融資は可能か?

おまとめローンは複数ローンの一本化が目的なので、新たな融資を目的とするローンではありません。

そのため、おまとめローンの利用後に追加融資も希望する場合は、追加融資が可能なおまとめローンを選ぶ必要があります。

追加融資が可能なおまとめローンは、銀行系おまとめローンに多いのが特徴です。

低金利という面でも魅力の銀行系おまとめローンですが、その分審査が厳しいことは頭に入れておきましょう。

また、追加融資を利用する場合は、今後のローン返済計画をしっかり立てることも大切です。

追加融資が原因で返済負担が増えてしまっては、おまとめローンの利用も台無しになってしまいます。

本当に追加融資が必要か、よく考えてから利用したいですね。

まとめ

おまとめローンを選ぶ際に、低金利以外に重要なポイントは参考になりましたか?

低金利なことも大事ですが、自分が申し込みしやすいおまとめローンを選ぶことも大切ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました