おまとめローンと借り換えは何が違うの?利用目的と特徴を知っておこう!

おまとめローンと借り換えは何が違うの?利用目的と特徴を知っておこう! 未分類

おまとめローンと借り換え、何が違うのかがわからない人も多いですよね。

そこで今回は、おまとめローンと借り換えの利用目的や特徴から、二つの金融商品の違いをご紹介します。

おまとめローンと借り換えのどちらを利用すればいいか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンと借り換えの違いとは?

金融商品の中でも似ている印象を抱くのが、おまとめローンと借り換えですよね。

「おまとめローンと借り換えの違いがよくわからない!」という人も多いでしょう。

しかし実際は、それぞれの金融商品の利用目的は全く違います。

簡単に説明すると、おまとめローンは複数ローンをまとめて一本化する目的ですが、借り換えは契約しているローンから金利の低い他のローンに借り換えることが目的です。

似ているようで異なる利用目的の金融商品なので、自分の利用目的にあったものを選ぶことが大切!

おまとめローンと借り換え、どちらを利用すべきか現在の借入状況から検討してみましょう。

おまとめローンの特徴

まずは、おまとめローンにどんな特徴があるのか見ていきましょう。

複数ローンを一つにまとめられる

おまとめローンが通常ローンと最も異なる特徴は、複数ローンを一つにまとめられることです。

複数ローンを契約していると、返済管理が大変だったり、月々の返済額が大きかったり負担に感じることも多いはず。

ひとつひとつの借入額は少ないケースが多いので、その分高い金利を払う必要もあります。

このようなお悩みを解決できる金融商品が、複数ローンの一本化を目的としたおまとめローンなんですね。

また、すでに複数ローンの契約をしている人で、追加融資が希望の人にも有難いローンと言えるでしょう。

他社の銀行や消費者金融から新たに借り入れするとなれば、更に返済負担が増える心配があります。

追加融資ができるおまとめローンを利用すれば、返済負担を増やすことなく追加融資を検討することが可能です。

今よりも返済負担を減らせる

おまとめローンの特徴は、今よりも返済負担を減らせることです。

複数ローンの契約は、月々の返済額を大きく感じたり、完済が長引くなどのデメリットがあります。

おまとめローンを利用することで、このような返済負担を減らせることは、複数ローン契約者にとって有難いことですよね。

複数ローンを一つにまとめることで、結果的に今よりも低金利で借り入れできるなど、おまとめローンを利用するメリットは大きいです。

とはいえ、借り入れ状況や利用するおまとめローンによっては、返済負担を減らせるとは限らないので注意が必要!

おまとめローンを取り扱う銀行や消費者金融はたくさんあるので、申し込み前によく検討することが大切ですよ。

おまとめローンの利用目的とは?どんな人に向いている?

おまとめローンはどんな人に向いているのか、気になる利用目的を見ていきましょう。

複数ローンの契約で月々の返済が厳しい人

複数ローンの契約があると、それぞれの返済を毎月する必要があるので、月々の返済額も多くなります。

そのため、月々の返済が厳しく、ギリギリの状況で返済を続けているという人もいるでしょう。

今はなんとか支払いができていたとしても、いつ返済困難な状況に陥るかわかりませんよね。

このように、複数ローンの契約で月々の返済が厳しい人は、おまとめローンの利用が向いている人です。

返済負担を減らす目的のおまとめローンでは、今よりも低金利でおまとめすることによって、月々の返済額を減らすことが可能です。

債務整理を利用するほどではないけれど、毎月の返済額を負担に感じる人は、おまとめローンの利用を検討してみましょう。

複数ローンの契約で返済管理に困っている人

おまとめローンの利用目的の一つでもあるのが、返済管理を楽にすることです。

複数ローンの契約があると、どうしても負担に感じるのが各ローンの返済管理ですよね。

それぞれのローン会社からいくら借り入れし、残額がどれくらい残っているのか把握することも簡単ではありません。

また、ローンによって月々の返済額や返済方法も異なるので、支払いの度に大変な思いをしている人も多いはず。

このように、複数ローンの契約で返済管理に困っている人も、おまとめローンの利用に向いています。

複数ローンが一つにまとまれば、借り入れ額や残額の把握はもちろん、毎月の返済も一社だけなので楽になりますよ。

少しでも早くローンを完済したい人

複数ローンから借り入れがある人にとって、すべてのローンの完済を考えると先が長く感じてしまうものです。

おまとめローンは、今よりも低金利でローンをまとめることで、返済総額を減らすことも利用目的の一つ!

そのため、少しでも早くローンを完済したい人にも、おまとめローンは向いています。

ただし、一つだけ注意が必要なのが、おまとめローンを利用したからといって返済総額が減るとは限らないこと。

毎月の返済額は減ったのに、その分返済期間が長くなっただけというケースも多いです。

おまとめローンを利用する際には、返済総額が減らせるか事前にシミュレーションしておくことが大切ですよ。

借り換えの特徴

続いては、借り換えにどんな特徴があるのか見ていきましょう。

今よりも低金利なローンに借り換えできる

借り換えの特徴と言えるのが、今よりも低金利なローンに借り換えできることです。

すでにローンの契約はしているけれど、もう少し月々の返済額や返済総額を減らしたい人もいるでしょう。

そんな人にとって、今よりも低金利なローンに借り換えできることは大きなメリットとなります。

とくに、金利の高いところでローン契約してしまった人などは、借り換えによって今より返済負担を減らせる可能性は高いです。

今現在利用しているローンの金利に不満がある人は、借り換えを検討してみるのがおすすめ!

利用限度額を増額できる

利用限度額を増額できることも、借り換えの大きな特徴と言えるでしょう。

おまとめローンは複数ローンの一本化が目的のため、銀行以外の消費者金融では新たな借り入れはできないところが多いです。

その点、借り換えの場合は、借り換えをするタイミングで、同時に利用限度額を増やすことも可能なんですね。

つまり低金利なローンに借り換えするだけでなく、新たに融資が必要な人にとっても、借り換えは利用しやすい金融商品と言えます。

借り換えの利用目的とは?どんな人に向いている?

借り換えはどんな人に向いているのか、気になる利用目的を見ていきましょう。

金利の高い消費者金融から借入をしている人

借り換えの利用目的は、今よりも低金利なローンに借り換えること。

そのため、借り換えの利用が向いているのは、金利の高い消費者金融から借り入れしている人です。

金利をあまり考えずにローン契約してしまった人や、当時の収入や信用情報の問題で金利が高いところからしか借り入れできなかった人も少なくないはず。

今の金利に満足はしていないけれど、仕方なく利用している!なんて人もいますよね。

このような人は、ローンの見直しをするつもりで、借り入れを検討してみるのもいいかもしれません。

今よりも金利が低くなることで、自分がイメージする以上に返済負担を減らせる可能性も!

借り換えの申し込み前に、事前シミュレーションでどれだけ返済負担を減らせるか確認してみましょう。

今現在の借入先に対して何かしらの不満がある人

借り換えの利用目的は、低金利なローンに借り換えることだけではありません。

今現在の借入先に何らかの不満がある人が、借入先を変えることも一つの利用目的と言えるでしょう。

借入先に対する不満というのは、決して金利面に限られたことではなく、たとえば対応の不満だったり信用面の不満だったりさまざまです。

ローンの返済は長期にわたることが多いので、不満のある借入先と付き合い続けるのは憂鬱な人もいるはず。

借り換えを利用することによって、すぐに完済が難しい人でも借入先を変えられることは、大きなメリットと言えるでしょう。

ローンの利用限度額を今より増やしたい人

ローン契約時の利用限度額に不満がある人も、借り換えに向いている人と言えます。

利用限度額を増やせることも借り換えの特徴なので、新たな借入先を考えている人は借り換えを検討してみましょう。

今現在の利用限度額が少ないからといって、新たな借り入れ先からローンをしてしまうのは危険なこと!

複数ローンの契約から多重債務者となり、返済が困難になるケースは多いです。

借り換えすることは、今よりローン契約を増やさないためにも効果的な方法なんですね。

今よりも低金利な借り換え先を見つけることで、利用限度額を増やしても、返済負担はそれほど増やさずに済むかもしれません。

まとめ

おまとめローンと借り換えの違いは参考になりましたか?

似ている金融商品ですが、特徴や利用目的を見ると全く異なることがわかりましたね。

利用を検討している人は、よく考えてから申し込みしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました