ろうきんのおまとめローンとは?気になる特徴と銀行や消費者金融との違いを解説!

ろうきんのおまとめローンとは?気になる特徴と銀行や消費者金融との違いを解説! 未分類

ろうきんのおまとめローンが、一体どのような商品なのか気になる人も多いはず!

そこで今回は、ろうきんのおまとめローンの特徴と、銀行や消費者金融との違いについて解説します。

おまとめローンを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ろうきんのおまとめローンとは?

ろうきんのおまとめローンとは、労働金庫が取り扱う金融商品の一つです。

銀行や消費者金融に比べると、知名度の面では低いかもしれませんね。

そもそも労働金庫というのは、労働組合や生協などの団体会員が資金を出資し合うことで運営されています。

基本的なサービスや取り扱う金融商品などは、銀行とほとんど同じだと考えましょう。

そのため、銀行のように「おまとめローン」の取り扱いもあるため、利用を検討している人はろうきんのおまとめローンも視野に入れておくといいでしょう。

銀行や消費者金融とは違う、ろうきんのおまとめローンならではのメリットも多いですよ。

ろうきんのおまとめローンにはこんな特徴がある!

では早速、ろうきんのおまとめローンには、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

基本的には各地域の団体会員向けおまとめローン

ろうきんのおまとめローン自体、聞き慣れないと感じる人も多いですよね。

それもそのはず、ろうきんのおまとめローンは基本的には各地域の団体会員向けの金融商品だからです。

銀行や大手消費者金融のように一般利用者向けに金融商品として宣伝しているわけではないので、団体会員以外だと知らない人が多いのも当然かもしれません。

「なんだ、団体会員じゃないから関係ないのか」と思った人も多いかもしれませんが、実はそうでもないんですね。

というのも、おまとめローンを取り扱うろうきんによっては、団体会員以外の利用も可能だからです。

あまり知られていない金融商品ではありますが、利用できる人にとってはメリットのあるおまとめローンなのは間違いないでしょう。

団体会員ならではの優遇があり、利用メリットが大きい

ろうきんのおまとめローンの特徴として、団体会員ならではの優遇があり、メリットが大きいことが挙げられます。

利用に関しては団体会員以外も可能と書きましたが、実際にお得に利用できるのは優遇対応される団体会員となります。

どのような優遇があるかというと、最もメリットとして大きいのが金利優遇になります。

元々ろうきんのおまとめローンは低金利で利用できるのがメリットですが、団体会員の場合は一般利用者よりも0.5%程度の金利優遇が受けられるなど、よりお得に利用することが可能なんですね。

そのため、団体会員であれば、優先的に利用を検討する価値があると言えるでしょう。

金利が低く設定されている

ろうきんのおまとめローンは、団体会員の金利優遇の話にも出たように、金利が低く設定されているのが特徴の一つです。

上限金利が低く設定されているため、少ない金額の借入でも低金利でローンを利用できるようになっています。

銀行や消費者金融系おまとめローンの上限金利が14%〜18%程度なのに対して、ろうきんのおまとめローンは上限金利が10%以下と、金利の低さではトップレベルと言えるでしょう。

また、団体会員ならではの金利優遇もあるので、団体会員の人は更に低金利でろうきんのおまとめローンを利用できるということ!

おまとめローンを選ぶ基準として、低金利であることは第一条件とも言えます。

とにかく低金利でおまとめローンを利用したい人は、銀行や消費者金融系おまとめローンより、ろうきんのおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行や消費者金融系おまとめローンとの違いは?

続いては、銀行や消費者金融系おまとめローンと何が異なるのか、具体的な違いを見ていきましょう。

ろうきんのおまとめローンは申し込み条件が厳しい

銀行や消費者金融系おまとめローンの違いは、ろうきんのおまとめローンは申し込み条件が厳しいことです。

条件として最も厳しいと言えるのが、利用する労働金庫によっては団体会員しか申し込みができないことでしょう。

低金利が魅力のおまとめローンですが、団体会員以外は利用できないというのは条件として辛いところ。

一般利用者が申し込みできたとしても、金利優遇などが団体会員のみというのもマイナスポイントと言えます。

また、基本的な申し込み条件としても、前年度の年収が150万以上であることや、勤務年数1年以上などが決められています。

ろうきんのおまとめローンは誰でも利用できるわけではないので、ハードルが高く感じる人も多いはず。

銀行や消費者金融系より低金利に設定されている

ろうきんのおまとめローンは低金利に設定されていることも、銀行や消費者金融系おまとめローンとの違いと言えます。

おまとめローンの中では、銀行系おまとめローンも低金利に設定されていますが、ろうきんはそれ以上に低金利で利用することが可能です。

金利が高めに設定されている消費者金融系おまとめローンと比較すると、金利の違いは明らか!

団体会員の金利優遇がなかったとしても、銀行や消費者金融系おまとめローンよりも低金利なのがろうきんのおまとめローンです。

そもそも、営利目的で運営している銀行などとは異なり、労働者のために非営利で運営しているのが労働金庫の特徴です。

銀行や消費者金融よりも低金利な金融商品を提供できるのは、ろうきんならではの魅力と言えるでしょう。

銀行や消費者金融より審査が厳しい

銀行や消費者金融系おまとめローンより審査が厳しいのも、ろうきんのおまとめローンの特徴と言えます。

低金利が大きなメリットですが、誰でも簡単に借り入れできるわけではありません。

申し込み条件からハードルが高いと感じる人もいるでしょうが、審査となると更にハードルが高くなるのも事実。

おまとめローンの中では、銀行系おまとめローンの審査も厳しいと言われていますが、ろうきんのおまとめローンはそれ以上に審査難易度が高いと考えておきましょう。

団体会員なら審査に有利というわけではありませんが、団体会員は信用面で審査に影響される可能性があります。

収入が安定していることや、信用情報に問題ないことは審査の最低条件だと思って申し込みしましょう。

ろうきんのおまとめローンが向いている人は?

最後に、ろうきんのおまとめローンが向いている人の特徴を見ていきましょう。

ろうきんの団体会員

ろうきんのおまとめローンが向いているのは、一番に団体会員であることです。

基本的に団体会員向けの金融商品になるので、団体会員であることが申し込み条件なところも多いです。

また、ろうきんのおまとめローンでは、団体会員ならではの優遇があるのもポイントですね。

団体会員の人なら、申し込みもスムーズなだけでなく、お得におまとめローンを利用することが可能です。

おまとめローンの利用を検討しているのなら、銀行や消費者金融より優先的にろうきんのおまとめローンに申し込みしてみましょう。

ただし、団体会員だからといって、審査まで優遇されるわけではないので要注意!

低金利が魅力の金融商品ではありますが、審査に自信がない人はろうきん以外のおまとめローンも候補に入れておきましょう。

返済能力が高く信用情報に問題がない人

ろうきんのおまとめローンは、銀行や消費者金融よりも低金利に設定されている分、審査難易度が高いという特徴があります。

そのため、ろうきんのおまとめローンに向いているのは、審査に通りやすい人です。

基本的な審査基準は銀行や消費者金融と同じで、返済能力や信用情報などから判断されます。

返済能力が高く、信用情報に問題がない人は、ろうきんのおまとめローンに申し込みしてみるといいでしょう。

申し込み条件としても、前年度の年収が150万以上であることや、勤務年数1年以上は最低条件になります。

ローンの利用経験がなく信用情報が真っ白だとしても、社会人になりたての人はその時点で申し込みできないので気をつけましょう。

とにかく低金利でおまとめローンを利用したい人

ろうきんのおまとめローン最大の魅力と言えるのが、銀行や消費者金融よりも金利が低いことです。

とにかく低金利でおまとめローンを利用したい人には、ろうきんのおまとめローンが向いてます。

そもそも、おまとめローンの利用目的は、今よりも返済負担を減らすことですよね。

金利が低いおまとめローンを利用して複数ローンを一本化すれば、今よりも返済負担が減ることは間違いないでしょう。

月々の返済額を少しでも減らしたい人や、早くローンを完済したい人にとっても、低金利なおまとめローンを利用するメリットは大きいです。

申し込み条件や審査難易度の高さが気になりますが、申し込む価値のあるおまとめローンと言えるでしょう。

まとめ

ろうきんのおまとめローンの特徴と、銀行や消費者金融との違いはいかがでしたか?

申し込みを検討したい人は、最寄りの労働金庫を探し、利用できるか確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました